【DIY】カヤックで使うGoProカメラのマウント

カヤックでGoProアクションカメラを固定するにはマウントが必要!

そ~なんですよね。手に持って撮影するなら何もいりませんが、パドリングをする・釣りをすると等、カヤックフィッシングとは殆ど手がふさがっている状態です。

GoProカメラのカヤック用マウント

そんな時に役立つのがカメラを固定するグッズ。普通のデジカメとかであればトライポッドと呼ばれる『三脚』を使用しますが、GoProの様なアクションカメラでは『マウント』と呼ばれるカメラを固定するグッズを使用するのが一般的。

ところが、カヤックでのアクションカメラマウントというのはあまり売られていません。アメリカから取り寄せれば入手出来ますが、長い棒みたいな物です。付け根と先っぽにJointとなる関節がある棒と考えれば分かりやすいかな~。こういう商品は棒自体が安くても輸送コストが高くなる可能性が高いので、取り寄せがちょっと面倒。

 

使ってないArmを活用しよう!

そういえば!と先日思い出しました。約1年前にAmazonUSAから取り寄せた以下のグッズ。この時買ったScottyのアイテムは、実は魚探のArmぐらいしか使わなかったんです。テーブルは今度echoMAP魚探を乗せて使う予定です。魚探ArmもechoMAP、そして遠征時にStriker4を使う際に活躍します。

カヤック用に購入したScotty、スコッティー商品

Extend Arm(延長Arm)は!?とふと考え始めた時に、コレ何かに活用できるかもしれない!と思いつきました。何かとは、カメラのマウントに使うと丁度良いのでは!?とGood ideaが浮かびました!!

Scotty Baitboad,スコッティーベイトボードに魚群探知機 購入時にあまりの大きさ・重さに絶句したScottyのベイトボードと呼ばれる、ハッキリ言えばテーブル。今まで海上で一度も使用した事がありませんが、9インチの魚群探知機を乗せるのに丁度良いと思いました!

Scottyカヤック艤装マウント カヤックのカスタマイズ(艤装)で人気のカナダのメーカー、Scotty。Amazon USAから何商品かを取り寄せてみました。品質は、かなり高いです。値段もそれなりかな~。

で、僕がチェックする限りはScottyのジョイント部分の穴には塩ビのパイプがスポっと入ります。もう1mm程度塩ビが太ければもっと良いFit感だと思いますが、少しぐらいであればビニールテープでも巻けばOKなハズです。

で、僕の塩ビは黒(ダークブルーというか)色ですが、会社近くの東急ハンズには灰色しかありませんでした。でも100円程度なのでとりあえず購入して実験程度にベースマウントを取り付けてみました。(仕事しろって話ですが・・・)

GoProアクションカメラ用に塩ビパイプでマウントを自作

↑ハンズで買った塩ビのフタにマウントを取り付ける穴を2箇所あけます。

↓その後ステンレスネジを2箇所ぶっ差し、ガチっと固定します。結構Hold感が良い。この黒いベースマウントですが、Amazon Japanで数百円で購入可能です。似たような商品が色々あったかと思います。

アクションカメラ用のマウント

↓実際にGoProカメラを取り付けてもグラつく事はありません 😎

塩ビパイプとGoProアクションカメラを取り付け

この時点で、結構良いアイディアなんじゃないか!?とワクワクしてきました。

↓横から見るとこんな感じです。

塩ビパイプ製のカメラマウントを横から見る

ま、既製品ではないので若干安っぽいのですが、仕事をしてくれればOKと言う事にします。何でもかんでもメーカー品を取りそろえるとコスト的にも大変です 😥

↓さて、この写真を見ればどこが塩ビで、どこがScottyか?分かりますね。

塩ビパイプとScottyArmのコラボ

若干塩ビの付け根がグラつくので、ここはタイトになるようにテープでも巻きましょう。

↓こんな感じの仕上がりになります。

塩ビで作ったカメラマウント

この長さでは足りないという場合は『塩ビ部分を伸ばすか』、それかScottyのExtend Armをもう1本追加で購入すれば良いですね。ちょうどAmazon USAの大規模Saleが来週なので1本買っておこうと思います。

 

なぜこのマウントが使いやすいか?

これを好む、好まないは人それぞれかと思います。僕はこのマウントの方が、単なる長い棒より良いと思うのは、Jointの部分です。Armをもう1本増やせば、Jointももう1箇所増えます。Jointが増える事で、微妙なカメラ位置が出来るようになります。棒だけの場合は、アングルとかがつまらないかな~と。

このScottyArmを使う事で斜め後ろ、自分の横にも動かしながら取る事が出来るでしょう。それに、カヤック前方にも別のマウントを設置予定です。前後のマウントに取り付ける際に、塩ビでスポっと抜けて、サクっと挿入出来る方が扱いやすいです。

さらに、僕はカヤックでGoProを使うなら、せっかくなので水中にもカメラをぶち込みたいと思ってます。その時に、塩ビ部分を握って水中にぶち込めば良いので楽ですね~ 😆

ま、もしこれでカメラを海中へ落としたら・・・Sayonaraです。そうならない様にケーブルとカメラを繋げようと思います。Just in case…で。

 

鎌倉ヨシ

思いがけず浮かんだideaで、ど~しようか悩んでいたカメラマウントを用意する事が出来ました!

ScottyのArm自体は凄くシッカリ出来ているので、強度的な心配はありません。

実際に使ってみて、改善点が出てくると思うので、そしたらまたUpdateします 😀