Garmin echoMAP UHD 9inch GT54UHD振動子付きで輸入

お~UHD、Ultra High-Definitionって高解像度の魚探ですね!

気になりますよね~UHDがどのように情報を映し出してくれるのか!?

しかも9インチなので、僕が使用している魚探とサイズ感は同じで、異なる点といえばUHDのところでしょうか。。。それだけに見比べてみたいな~という個人的な気持ちが…。

ザックリと

  • アルミボートでの釣りに使用する予定
  • 時間が掛かっても良いので(待ってもOK)、安く輸入したい
  • 価格によってはUltraの購入も検討したい
  • サイドビュー、ダウンビューに興味がある!

との事。

いや~やっぱり高額な魚群探知機の入手を検討されている方は色々調べてますね~ 🙄

この様に、自分が何をしたい!というのが明確に分かっていると僕も動きやすいです。

 

北米のDealerCheck!

さて、この魚探についてですが、どこのDealerへ手配するか?がポイントになってくると思います。実は最近、コロナの影響で空輸業者さんのサービスにバラつきが多い気がしてます。某F社はPriorityのみの受付しかしないようになったので、消費者としては輸送コストUPになってます 😥 それ以外の輸送会社は恐らく国際輸送がコロナ以前のようにスムーズに出来ていないようです。

ですので、Dealer選びとともに、空輸会社(Door to Door配送)がどこの会社なのか?というのもCheckしておいた方が安心です。ちなみに、Airに関してはA社であっても、実際に輸入者の手元に持ってくるGroundの業者はB社になるという事もあります。(輸送会社同士の提携って事ですね)

 

Holiday Seasonセールを狙う!?

輸入者さんのご希望としては、『セール時期の価格が気になる!』との事ですので、それまでセール前価格の把握と、セール時の価格を比較してみたいな~と思ってます 😀

ただし、セールといってもその価格の商品がず~っとその時期ある訳でなく、基本的には早い者勝ちというのが当たり前。ネットで買う場合と、実店舗で買う場合の2パターンがありますね。

日本に住んでいる場合、海外のネットショップから商品の取寄せは出来ても、実店舗からの取寄せは難しいかと思います。ここは僕の方で手配できるところなので、時期を見て現地店舗価格Check!ただし…、実店舗から安く買えたとしても『輸送費がネットショップ以上に掛る場合もある』という事も頭にいれておきましょう 😥

ネットショップでバンバン物を売っている業者さんは、Discount Rateをもらっているので輸送費を安く出来る事があります。それに対し、一般消費者が支払う輸送費というのはFull Amountな訳ですね。ここが怖い所…。僕の所ではF社のDiscount Rateを持っているので輸送費に関しても事前にCheckします 😉

 

タイミング良くGT56UHD登場!

ちょうどこのタイミングでGT56UHDの情報が出てきましたね~!僕も『おっ!』って思って見てましたが、輸入者さんも同時期に発見されたようです!これは…やはり結構高額だ~ 😆

最新という事で、急に激安になる事は想像できないので、在庫がある内に早め早めに入手したい一品なのかな~と僕は思います。

 

 

 

おし!しばらく色々調べるゾ!

つづく