スピードが出る洗練されたデザインのカヤックを輸入!

日本にまだ正規代理店が存在しない『特徴ある』カヤックを輸入したい!

というお話をガチのカヤックアングラーさんから少し前に頂きました☺

『カヤックの輸入についてご友人へ相談したところ、僕の事を紹介された』との事です。なんて嬉しい口コミでしょうか~。どこかで誰かが僕の細々としたブログを見てくださっている方がいるんですね。嬉しい。

で、カヤックの輸入経験がある僕だからこそお伝えしたい『お得な輸入方法について』相手にも聞いてもらいたかったので、僕の携帯電話へお電話頂けますか?とお伝えしました。直ぐに携帯がなり、カヤック話がスタート!

僕の様に貿易の仕事にたずさわっている人間からすると『地理』がとても重要です。出航してくる際に工場なりDealerが国際港近くなのか、どうか?これが第1のポイント。Google Mapを見ながら、地図上でどの位置に存在するのか?を確認しながら、取引相手を決めます。もしDealerって話であれば、1社ではなく、複数社存在する訳で、そのDealerの中から国際港近くのところに目星をつけていきます。

次に、製造国のDealerから輸入するか?それとも別の国のDealerから入手するか?も考えます。これはSpeed命の時に僕がやる方法です。製造国以外のDealerから購入する際はコスト高になる事が殆どですが、それでも入手困難な商品の場合はプラスαが乗った金額であっても素早く入手する為なら悪くないやり方です。

次に大事なのは『何艇輸入するか!?』です。想像がつくと思いますが、1艇のみの輸入が一番コスト高になります。僕が自分用に輸入した際(2019年7月投稿:カヤックを個人輸入する)が良い事例です。1艇のみを輸入しましたので、カヤック以外に発生した輸送コストは100%の比率で1艇にかかります。つまり、2艇であれば50/50。3艇であれば輸送コストの比率を1/3にコストダウンが出来る訳ですね~。

1艇のみを輸入した僕の経験からすると、複数艇を輸入する方が1艇当たりにかかる輸送関連コストが下がるのでお得感を感じると思います。共同購入といったやり方や、複数艇の仕入れといったイメージですね。個人消費用に1艇のみを輸入するのはある意味贅沢です☺

で、約30分ほどの電話でのヒアリングで方向性が分かったので、この段階での僕の予想価格シュミレーションを輸入者さんにメールでお送りしました。ザックリした数字ですが、恐らく実際の輸入時はこの数字に近いハズです。ここは貿易やってる人間の経験値で予想する数字を入れます。

カヤック輸入コスト

このシュミレーションフォーマットは、普段から僕が使用するExcelなので、ポチポチ数字をいれると、合計金額(輸入税含む)や1艇当たりの商品代+輸送+税金価格が分かります。ザックリとしていたとしても、目安になるので、無いよりは良いHelpになります。

その後、早速海外へ連絡開始!

まずは『Supplier』『Shipping会社』を絞り込みます。

 

8/25:電話直後直ぐに海外の2社へメール

1社目は製造国外のDealerさんです。もしかしたら、僕が近々輸入する他の方のコンテナに今回の3艇を混載すれば、コストダウン出来るかと思いまして・・・。

Hi there,
My name is Yoshi, one of my friends  has been looking for OXOXOXOX Kayaks.
According to your website, currently the Kayak I want is “SOLD OUT”, but will you be able to get and sell it soon?
Or if you contact the manufacture to see their availability in stock, what color, and  quantity, I might order more than one kayak.
Please let me know.

ダメ元でこちらのDealerへ在庫確認メール。最初から少し怪しい雰囲気がありましたが、Bingo。9/3日現在、返事すらきません。このメールには日本へ輸入する予定といった細かな情報すらのせていないにも関わらず、返事が遅いのは、雑な仕事をしてるんかな~と思います。ま、海外ではよくある話なので、大丈夫です。同時進行で別もあたるので。

 

2件目は、製造国内にあるDealerを探し出し、上記と同じようなメールを送りました。

翌日には早速レスポンスが!

Hi, there is a waiting period of 8 weeks at the moment as sell too many very quickly.

大変人気なので、8週間待ちですけど大丈夫か?といった内容です。

僕の個人利用するカヤックでも普通に3ヶ月待ちでしたし、このコロナで大変な時期ですので8週間はReasonableな時間と僕は思います。輸入者さんも同じ考えで、『8週間時間がかかるのは、全く問題ない!』との事です。

あとは、コミュニケーションを続けで、追加料金等が発生しないか?と、1艇当たりの販売価格をDouble Checkして、Purchase Orderを出す必要があります。

 

8/27:船会社へコンタクト

船会社といっても勿論、日本国内で探す訳ではありませんね。製造国の国際港からコンテナを日本向けに出せる船会社をまずは探し出す必要があります。海外Googleを使用し、何件かリストアップ。その後、数件に絞りをかけて一斉にコンタクト開始。

今回の場合は出航の港が2つ考えられます。

  1. 製造会社の倉庫から港の保税倉庫へ輸送し、その後現地の輸出通関を通して日本へ
  2. 製造会社→Dealer→Dealer近くの国際港の保税倉庫へ輸送、その後輸出通関という流れ

(1)のやり方は僕個人的に好きです。少し時間をセーブ出来るというか・・。普段の僕の本業の方の貿易スキームが(1)なので、(2)のようなワンクッションを挟むやり方は若干時間がプラスされる為、避けたいところです。ただし、これは相手側とやり取りして、どっちを好むか?聞いて進めたいので、僕の方からPUSHする気はありません。

やるとすれば、Cost Downの為の現地国内のトラック輸送をSupplier側にやってもらう事です。別に運送会社を外注して運んでくださいという訳ではなく、Supplierさんの自前の車で保税倉庫まで3艇運んでくれればそれでOKなだけです。

こういった小さな事で、経費を少し下げる事が出来ます。輸入者さんの為に・・・と思うと、僕は気にせず相手に相談します☺

 

9/6: Dealerと引き続きやりとり

数日前にDealerさんから『本当に8週間待てるの!?8週間は製造期間であって、輸送にかかる時間は別だけど!?』とメールがありました。勿論、それはこっち側も理解している事で、僕の頭の中では今年の年末か来年の正月明けぐらいに到着かな~と思ってます。

ですので、時間的な事は全く問題ないと再度相手に伝えました。そこは理解して頂き、こっちとしても早くProductionをスタートしてもらいたいところです・・・。やり取りに既に2週間ぐらいかかってるので。

 

9/8:突然のHi There!メール!

さて、Dealerさんの反応がイマイチだな~と思ったので、その様子を輸入者さんに電話してお伝えしました。『もしかしたら・・・、Dealerさんは普段国内販売のみを行っているので、海外からの問い合わせに対する対応が苦手なのかもしれません。こういうのって別件でもあったんです』と伝えました。別件というのは、アメリカからの足漕ぎカヤック輸入プロジェクトでやり取りをしたFL州のDealerさん。

Dealerの店から現地の保税倉庫までのトラック輸送、現地港から日本の港までの輸送、どちらも僕の方で手配が可能なのでDealerさんは難しい事は何もないハズなのですが、『失敗したらどーしよう!?』といった、苦手意識が出てきてしまうのかもしれません。

輸入者さんも『そういうのはしょうがないですよね~、待ちましょう』といった反応でしたが、『待つのが苦手』な僕としてはパッパと話を進めたいところです。そうこうしてたら夜にこんなメールが!

Hi There!

We are the manufacturers and distributors of OOOOO kayaks both locally and internationally. The guy you spoke to OOOO form OOOOO kayak is just a local retailer of our products. Apparently your looking for 3 OOOO kayaks. Let me know what you need from me and I can quote you accordingly and see how I can assist you.

最初このメールを読んだ瞬間は『?』でした。何故ならこのメールの相手とDealerさんが同じFirst Nameだったからです。あれ?様子が変わった!?と思ったぐらいです。でもちゃんと読めば、この方はDealerではなく『製造者』である事が分かりますね!

おおおぉーーーー!メーカーの人間が出てきた 😀 

これは話が早いですね~。今までは遠慮してまずはDealerから・・・と思ってやり取りをしていたのですが、恐らくDealerさんはお手上げ状態になったので、メーカーさんに僕の事を教えてくださったみたいです。これで聞きたい事が直接質問できるし、メーカーは輸出慣れしているハズなので物事がスムーズにいきそう!!

Hello OOOO,
Thank you for your message. My name is OOOO , please call me Yoshi.

Yes, OOOO-san was very kind to offer me sharing his container, but his location “OOOOO” is pretty far from Yokohama. I already contacted a logistics company for a Dry LCL service from OOOOO to Yokohama port. 3 Kayaks would cost about **** usd to ship it.

I am totally fine to wait 8 weeks or more for the production, I do understand that. Also, the Ocean shipment should take about a month, and that’s fine as well. I am not in a hurry. I’d like to purchase 3 OOOOOOO Kayaks.

I will pay in advance when I place my Purchase Order. And the international shipping is arranged by me from Japan. It would be very kind of you if you can truck deliver kayaks to the bonded warehouse, but if you don’t offer truck delivery, I will arrange a pick up service.

At this moment, I’d like to see the invoice for 3 OOOOOKayaks.

Thank you,
Yoshi

と即座にメール。ここでのポイントは2つ。

  1. Invoiceを用意してくれますか? → 商品代に現地消費税が乗せられて出てくるか?見たい。勿論ここは0に抑える。
  2. 保税倉庫まで配送してくれますか? → これで約3,4万円のコストダウン!それに、製造者が輸送する方が安心☺

 

その後、1時間もしない間にメーカーから返信アリ!

Hello Yoshi
Great to hear form you.
Yes I understand the nightmare of Logistics and freight ,etc. A daily problem solving mission with me. The kayaks we can have ready in 10 days as we are producing around 40 a month alongside our custom fiberglass kayaks which do tend to take much longer.
Anyways I will send you a proforma invoice for the kayaks. This will include the delivery to the bonded warehouse in OOOO.

Keep well in these crazy times..

 

YES! → Invoiceを見ると、現地消費税は0円

YES! → Truck deliveryコミコミ価格(輸送費は0円)

That’s the way SHOULD BE 😆

 

9/9:話を更に進めよ~!

朝イチにメールしました。

Thank you for your QUICK reply.
I’m very happy to find out it will be ready in 10 days, not 8 weeks. Big time saving!!

Also, thank you for your kindness to deliver Kayaks to the bonded warehouse in OOOO.
You are the best to carry them with special care. I was a little concerned if a delivery company handle it, they may damage the brand new kayaks because it’s large.

I will contact the logistics company today and tell them that the 3 Kayaks will be ready by the end of this month or beginning of October.
Also, I will get the warehouse address information as well.

Arigato,
Yoshi

 

あとは、船の手配を行えばカヤック3艇は日本へ向かって出航します☺

 

9/10:船会社へ再見積もりの依頼

Shippingの詳細が決まってきました。

  • Port to Portで手配(現地トラック配送は0円に☺)
  • CBMの数値も細かく算出(4.032 CBM)

今日はこの情報を船会社の方へ連絡し、『現地保税倉庫の連絡先情報を教えてください』と伝えました。この情報が分かれば、製造者が保税倉庫へデリバリーする際に事前に連絡のやり取りが可能となります。

上記の内容を元に、QuotationのUpdateをお願いしました。さていくらに落ち着くかな?

 

9/15:Updateされた見積もりがでる

週末を挟んだり、海外との時差がある為、数日の時間が掛かりましたが、CBMを変更したPort to Portの見積りが出てきました。僕の方で電卓をたたいて一通りのコストCheckをしたところ、当初僕が予想していた数字よりFriendlyに落ち着きました。いや~努力って大事。ここで5,6万円近く削れたんじゃないかな~ 😎

僕の方で輸入者さんに参考までにお渡しするシュミレーションも同時にUpdate。既に3回ぐらい送ってますが、今回の最新バージョンが一番良い数字を叩き出してます。当初僕が予想した数字より1艇あたり約3万ぐらいCost Downできたと思います。それでも海外からカヤックを輸入するには途中で様々なコストが発生するので、結果的に日本での販売価格はそれなりに高くなるんです。そういう裏側を理解出来る人に手を出してもらいたいですね。Full containerで20, 30艇を輸入するならもっとCost Down出来るでしょうけど、それだけの仕入れ(前金?)と輸送費(30~40万前後)、輸入時の税金(30艇の税金って物次第だけど50万~100万くらいか…)を事前に準備出来て、尚且つ売切れる迄在庫として抱える規模じゃないとFullは出来ないので、そ~いう裏側があるんだよね。ザックリ500~700ぐらいか!?

Anyway,当初の輸入者さんの話を聞いて、僕は『お得な輸入』についてお伝えしましたが、僕がザックリと電卓を叩いた数字を見ても、最終的な1艇取得コストは凄い差が出ました。(誰でもHappyになる価格になったと思いますよ)これを喜ぶか、拒むか?は人それぞれですが、ビジネスをやっている人ならお得さ加減に納得してくれると思います。

製造者への国際送金手続き(日本側)も無事に終わり、後は現地のAccountへの着金を待つのみです。今回は経由する銀行が複数あるようなので、最大5Business-dayを見た方が良いとの事。来週半ば迄には着金して、早ければ同じ週にカヤックのPick upを済ませ、保税倉庫入り出来るかもかも!?で、輸出通関をやって、スケジュール次第だけど10月1週目か2週目に出航させて、10月最後の週には横浜港へ入港出来るかもしれない!これ以上ないベストなSpeed感です。当初は製造に8週間待ちと言われてた訳なんでね 😎

 

9/29:出航間近!

週末を挟み、5営業日で現地製造会社さんのアカウントに無事に着金したようです。後はShipperさんと船会社の現地Agentで日程調整です。今回は港近くの保税倉庫までShipperさんに貨物を輸送してもらい、その後輸出通関にかけます。恐らく週1便はアジア向けの船があると思うので、出航までにこぎつければ、あとはグッと安心感が増します。海上輸送時間は約3週間ですので、早ければ10月末には横浜港着できるか、どうか?でしょうか。

それにしても1ヶ月でここまで辿り着いたSpeed感は、我ながら早かったと思うな~ 🙄

 

 

10/29:ムフフフフ、出航

さて、ここ最近はずっと船・現地輸出通関を手配してくださるSimone-sanとやりとりをしてますよ 😀

で、現地出航となりました~。いや~何だかんだで2ヶ月かかりましたね出航まで。

っという事は・・・、後は受取体制を整えるのみ~。あっしの出番ですよ 😎

 

12/16:輸入通関!

ついにこの日が来ました。数日前に到着した貨物船からカヤックが保税倉庫へ移送され、輸入通関が出来る事となりました~。それに合わせて、受取人の方にも横浜まできて頂きました。朝一からバタバタしましたが、無事に受け取れる体制に!超絶の感動です。約4ヶ月ですか・・・。この日を首を長くして待ってました。

カヤックは受取人の方の車に載せられ無事に出発!

 

さて、『自分も海外からカヤックを取り寄せてみたい!』という方。舞台裏はこんな感じです↑。参考になれば幸いです。質問等、ある方はお気軽にお知らせください!

カヤックの輸入