カヤックとお酒の関係について

勿論、カヤックでお酒を飲むなんて事は絶対にしません!

こんな事は当然です。

  • カヤックに乗る前に家なり浜でアルコール飲料を飲む事はしません!
  • カヤックに乗る際に、クーラーやポケットにアルコール飲料を入れて海上で酒を飲むなんてしません!

 

と、まあ当たり前の事なのですが、ふと『カヤックとお酒』について気になる事ありませんか。エンジンは付いていないけど、飲酒運転(操船?)は駄目でしょ!と僕は思います。自転車ですら飲酒運転は駄目な訳ですから、パドリングや足漕ぎカヤックも駄目って事になるでしょ!?

そもそもカヤックに乗って波に揺られている時にお酒を飲むなり、体に酒が残っている状態であれば、船酔いして気持ち悪くなるはずです。それに何の為に海に出たの?と考えれば、パドリングして景色を楽しんだり、釣りを楽しむのが目的なハズですので、酒飲んでる場合じゃないですよね。

 

海上での酒について、ネットで調べてみた

国土交通省のウェブサイトから

参考URL: https://www.mlit.go.jp/common/001301861.pdf

題名:海運分野における新たな飲酒対策について
日付:令和元年8月2日
備考:海運分野の飲酒対策に関する検討会

 

調べたところ、このPDFを見つけたので参考までに読んでみました。

引用:STCW 条約の非強制ガイドライン 1では、航海当直開始の4時間前から の飲酒は避けることを求めており、これを内規等で定めている海運事業者 も多い。少なくとも 航海当直の4時間前からは飲酒を控えることが望ましい。しかしながら、 4時間前であればどんなに飲酒してもよいという誤解を乗組員に与えない よう、適切な周知や教育が求められる。

 

4時間前とは言っても、僕だったら出艇の4時間前にお酒を飲んでたとしたら、朝一に起きて海行けないな~。睡眠時間短すぎ。もしお酒を飲んで4時間後にカヤックに乗ってたら船酔いして海の上に居られない気がします。

 

”飲酒運転(酒気帯び操縦)は5年以下の懲役若しくは禁固又は100万円以下の罰金”

と目にしたのですが、海上での罰則は厳しいです。

夏、海でよく目にしたジェットバイク?水上オートバイ?、あれが沖の方に居る際に高速で僕の近くを走り去っていく事が何度もあったのですが、マジで怖いんだよね。酒に酔ってないかな?とか、意地悪で近くに通ってくるのかな?とか、とにかく気分が悪かったな~。

 

僕は安全にカヤックを楽しみたい

誰でも同じと思いますが、カヤックフィッシングに行く時は魚を釣るワクワク感や、カヤックで素晴らしい海の眺めを見る楽しみを味わう為に出艇していると思います。それがメインであり、海上で酒を飲みたいとか、酔っぱらった状態で海に行きたい訳ではありません。

そして、家で待っている家族の事を考えれば『安全第一』しかありません。そう考えると、罰金があるからウンヌンではなく、カヤックに乗るなら事前に酒を飲まない方が良いと思うし、カヤックにビールとかお酒を持ち込むのは駄目、ただそれだけ。

もしかしたら海外のインスタグラムユーザーやYoutuberがカヤックフィッシングを紹介している際にビールを飲んでいるかもしれない。でもそれは海外での話であって、ここ日本とは異なるって訳。だから、カヤックに乗るなら酒は飲まないってのが当然です。

お酒を飲む事で判断力が鈍ったり、体調不良になったり、船酔いしたりと、体を使うカヤックには適さない体の状態になると思います。自分ひとりだけの命じゃないし、もしかしたら他のカヤックユーザーさんや、マリーンスポーツを楽しんでいる人にも迷惑をかけるかもしれません。大人の趣味として楽しむカヤックフィッシングですから、お酒のマナーも大人の対応が正しいって事ですね。

 

お酒の力を借りなくても、海の上に行けば素晴らしい景色があるし、魚とのファイトもエキサイティングで楽しいはずです。自分の為、家族の為、周りの人達の為にも、カヤックに乗る際は酒(アルコール飲料)を飲まない・持ち込まないのがベストではないでしょうか!

 

カテゴリ: info