カヤック乗って沖に行くならライフジャケット着よ!

もしライフジャケットを着ていないで溺れたら・・・

なんて想像すると怖いですよね。

湘南で釣り

特にカヤックフィッシングで沖の方へ行くと、自分の周りに直ぐ駆けつけてくれる『誰か』はいません。一人ぽつーんと海に浮いている訳ですから助けを呼んでも誰も来てくれないのは当然です。海では思わぬ事故が起きる事もあると思っておかないと、いざトラブった時に命に関わる大変な事になりますね。カヤックして釣りに行ってるとだけ思っている家族からしてみたら、趣味で大切な命を落とすんじゃねー!って思うでしょう・・。

 

僕はカヤックを発注してから実際に到着するまでの間にこの『DAIWAのライフジャケット+釣りベスト』を購入しました。

カヤック乗る時のライフジャケット

2019/6にAmazonで購入した際の情報:

ダイワ(DAIWA) ライトフロートゲームベスト レッド フリー DF-6406
¥ 10,090

 

このライフジャケットは、釣り具入れ機能が付いているっていうベストで、背中部分にバッグは無いタイプです。ですので、背中はフラット。カヤックフィッシングの椅子に座っている分には、背中がフラットなのでゴワゴワしなくて丁度良いです。ベスト前側の右・左のポケット部分は意外に奥行がある収納で、ルアーを入れたプラスチックケースがすっぽり入ります。更に、ジップロック(防水用)に入れた携帯電話やその他の釣り具グッズも余裕で入ります。あと、水をかぶったとしても良い感じに撥水してくれるので『やっぱりメーカー品は違うね』と思う一品です。

 

ライフジャケットを購入したら、まずは自分の体にフィットするようにベルトを締めたり緩めたりの微調整をしました。僕のDAIWAのベストですと、両肩部分、両サイドの脇腹部分、前側真ん中(胸・お腹)部分、の3箇所にベルトの微調整があります。多分、結構体の大きい人でも着れる用の仕様になっているのだと思いますが、Tシャツだけ着ている僕には少し大きい感じです。ですので、出来る限りベルトを締めてきつくしました。そうすると、丁度良いぐらいのフィット感です。ここでシッカリとフィットさせておかないと、いざ海に落ちた時に『すぽっ!』って抜けてしまうかもしれません。そんな事にならないよう、自分の体に合うように微調整するのが大事かと思います。

 

ライフジャケットは安いのから高いのまで色々

Amazonで釣り用のライフジャケットを調べると、本当にピンキリで商品が出てきます。安いやつだと、2000円前後ぐらい~高いヤツだと3万円ぐらいまで普通に色々出てきます。ま、僕がDAIWAのライフジャケットを購入した理由は『メーカー品だから』何となく安心。その他の理由としては、『デザインも良い』。1万円程だったので、お求めやすい価格だったから。というのが理由ですね。

 

さすがに3000円ぐらいの無名のライフジャケットを着ていたら、もしも海に落ちた時に・・・と想像すると少し怖いです。多分大丈夫かもしれないのですが、ここは大手メーカーの開発部の人が頑張って開発したライフジャケットを購入する方が安心と思います。

 

釣り具メーカーじゃなくても、アウトドアメーカーやマリーンスポーツ系のブランドのライフジャケットが売られていると思います。ヘリーハンセンやモンベルでも売っていると思うんで、そういうブランドが好みの場合は、探してみるのも良いかと思います。

 

ま、一回購入すればしばらーーく使用すると思うので、自分が好きなブランド、デザイン、機能のライフジャケットを選ぶのがベストですね。勿論、自分好みのものを身につける事で、カヤックフィッシングのモチベーションもUPすると思います!

 

安全にカヤックフィッシングを楽しむ為に

まだライフジャケットを購入していなくて、『必要なのか、どうなのか!?』調べている人がいたとすれば、僕はライフジャケットを着る事をお勧めします。いくら泳げる人(昔スイミングスクール行ってた!)でも、その時の海・波の状況や、パニック具合等で泳ぐ際のパフォーマンスが違うと思います。プールで泳げるって話と、白波が立っている海で泳ぐのは別物の話です。それに、塩水が口に入ってゲホゲホとむせている時は、泳ごうと思っても、結構難しいですよね。

 

海上というのは、普段の生活の場とは全く異なる世界なので舐めてかかれません。自分の身を守るという意味でも最低限、ライフジャケットを着てカヤックフィッシングを楽しむのが安心ですね。勿論、家族もそれをお勧めするでしょう。水難事故は毎年どこかで発生し、亡くなる方もいます。自分が海に投げ出された際に、浮かぶ事が出来れば呼吸は確保できるはずです。そういった意味でも、ライフジャケット一枚で命を守る可能性がUPする訳ですから、着た方が安全・安心ですね。

 

ネットや店頭で探せば色々な価格帯、デザインのものを見比べる事が出来るはずです。まずは情報収集をして、自分に最適なライフジャケットを選べると良いですね!僕は自分のDAIWAのヤツに大満足です!

 

カテゴリ: info