魚が釣れないのは理由があるハズ!

せっかくカヤックで釣りに行っても、魚が釣れない!?

ってどーゆー事だ!!

 

  • カヤックを揃え、色々カスタマイズするのは楽しい
  • 朝早く起きて、カヤックを海まで持って行き出艇するワクワク感
  • ネットで色々しらべてイメトレするのは面白い!

はい。今年からカヤックフィッシングを始めた僕は、この新しい趣味のお陰で日々が充実して楽しいです。始めて良かった!と思ってます。でも、まだ充実感が満たされていない!

なぜなら・・・、『自信満々で持って帰るような魚を釣った事がない!』から。

 

カヤックフィッシングを始めたと同時に僕はルアーでの釣りを始めました。仕掛けにエサをつけて、それを投げて魚が釣れるのを待つといったやり方ではなく、ルアーで魚を魅了して食付いたところを釣り上げる!やり方です。TVの釣り番組やネットの釣り動画で見る光景ですね。

 

小魚は釣れるんです。そして、小魚であっても引きがあって楽しいのは確か。でも、ランディングネットから溢れるような大きな魚じゃないし、カヤックの上(船上)でバチバチ暴れるようなモンスター級でもない。単なる小魚。

 

そして僕は考え始めました。近場の海(同じ相模湾だけど南の方とか西の方)で、他の方々がバッシバシ魚を釣っているんだから、僕がウロウロする海にも同じような魚がいるはず。でも、狙っている魚について、もう少し僕の方が理解をしないと奴らを釣れないのでは?っと。

 

魚探を使い水深20~30mのポイントを探そ

これ、大事なんじゃないかな~?と思ってます。僕が普段出艇する由比ヶ浜はまず湾内が凄く浅い。決して浅い場所に魚がいない訳ではないのは分かりますが、夏場~9月ぐらいの今までの時期は海水がぬるいので、魚たちはその温度が嫌いなのかもしれません。

魚群探知機は買ったのですが、まだちゃんと使ってません。次回海に行く際は、魚探をONにして、まずはどの辺がどの位の水深なのか?をチェックして、自分のホームグランドの海を学ぼうと思います。足漕ぎカヤックなので、沖の方へはパドリングに比べると楽に行けます。浜から足漕ぎで30分ぐらいの沖を目指します。確かに、釣り船はその位の沖まで行っているので、もしかしたら水深が釣りに関係しているかもしれません。

それか浅瀬で大きな魚を狙うなら、この辺だとヒラメが良いと思ってます。勿論ルアーで釣れる魚ですが、カヤックからGulpで狙ってみるのも1つ手かもしれません。沖へ行く事ばかりを狙うのではなく、海や天候、時間も考えながら沖に行くならそれ様の釣り方・魚を狙う。浅瀬で釣るなら、その場で釣れそうな魚にターゲットを絞り、狙って釣りをするのが良いような気がします。

 

釣れないのは釣り技術も関係してるハズ

ですよね~。いやホントに。ルアーを投げてグイグイ引っ張るだけで、バンバン魚が釣れる訳がない。ルアーの動かし方とか、リールを巻くスピード、竿の動かし方などの『技術・テクニック』が関係して当然。あと、『どんなルアー』を使用するのか?も関係するはずです。

でもさ、こういうテクニック的な話は最初から誰もが上手な訳ではなく、やりながら上手くなっていくと思うので、ここの技術的な所は場数をこなす事や練習も大事ですよね。

皆さん、ルアーフィッシングを上手になるまでに何個もルアーを紛失しただろうし、高い物から安いものまで色々使い試したハズです。ルアーは重さやデザイン、メーカー、材質等、様々な条件で価格も異なるし、安いルアーだから釣れないという訳でもない。ダイソーのルアーで釣れます!なんて記事や動画もよく目にします。

僕はまだ全然ルアーの使い方が下手なので、バンバン投げて、工夫して、魚が釣れる動作を身につけたいと思います。結構、手首とか腕の使い方にコツがあるような気がします。

 

釣りをしてる時間が短すぎる?

これも何となく心当たりがあります。7月半ばからカヤックフィッシングを始めた僕ですが、日差し・日焼けを避けたいと思うあまり、夜明けと同時に出艇し、9時10時には家に帰ってきたいといつも思ってます。5時スタートなら、9時には浜に帰ってくる感じ。その間、出艇迄に浜でアレコレやって時間使ったり、移動が下手で湾内をウロウロしたりと、時間のロスが大きい気がします。

もう最初から『今日は、ここら辺の沖を目指して、出来る限り準備は前の日の夜にしておく』事が出来れば、次回の釣りの状況が変わってくるかもしれません。やはり海にそれなりの時間いて、キャスティングの回数も増やすようにしなければ魚に巡り合わない気がします。今までは、釣りという動作以外のところに、時間を無駄に使い過ぎていたとおもうので、ここは改善した方が良いですね。

 

焦らないのも大事

大きい魚ばかりを釣りたい!と思っても、そんなにバンバンつれる事は普通は無いハズ。特に初心者の僕は魚の名前すらろくに知らない訳ですから、デカい魚の事を考えるのではなく、自分の身の回りにいる魚について調べるのも良いかと思います。どんな魚がいて、そいつはどんな習性なのか?とか。

焦って海に行くと、忘れ物もあるでしょうし、判断も鈍るでしょうし、あまり良い事は無いハズです。それより『釣れない=楽しくない』と思うのではなく、『釣れるように考えて工夫を実行に移す』ってのが重要な気がします。

魚が釣れないからと言って、僕や家族が困る訳ではありません。ただ行って帰ってきて残念でした~ってだけです。心のどこかに、『こんなでけー魚が釣れた!』と友人に自慢したい自分がいるのかもしれません。ま、そんな写真を見せられたところで、見た側はそんなに楽しい訳じゃないですよね。変な自己満足を目指すのではなく、焦らずちゃんと釣れるように学ぶ事が大事なような気がします。

 

 

カテゴリ: info