マトウダイを初めて釣る!

背ビレがモヒカン?変テコな魚が釣れた!

パッと見不思議Lookなんで食べれるのか気になったんですが、調べると海外でも美味しいと評判の魚であることが判明!John Doryって英語名で、日本語名はマトウダイとの事 😳

マトウダイが釣れた

 

夏場は日差しも強く暑い、そして南風が多いのでお気を目指すモチベーションも下がる・・・。でもお盆を過ぎたあたりから朝晩が涼しくなりまして、そして曇りの日も数日続くようになりました!この日は前の晩でも冷っとしていたので、『これは明日沖へ行ける!』とテンションが上がりました。んで、朝6時に出艇。沖3,4キロあたりは日曜日だけど漁師さんの船が忙しそうに網を入れて仕事をされていたので、まずは邪魔をしないようにスルっと抜けました。そこからボチボチ開始。

1週前に出た時の魚探で見た水温は26Cだったけど、今回は25Cに!へ~

カヤックで釣り

  • ※注意:僕はSurfski艇で10、20キロの漕ぎ錬をするのでこの位の距離を漕いで釣りもします

 

4、5辺りは水深30~40m程度。よく釣りをするポイントですが、この日はジグを落としてもHooking無し。魚探の反応はBottomにチラホラ程度。海面のボイルも見当たらず、渋そうな雰囲気!5~7ポイントで50~80mに。この日はこの地点を調査する事にしました。

 

釣り針によってHookingは違う?

僕の魚探のTransducerは51なので、水深100mでも余裕でScanできるのですが、あまり良い反応が見当たらない!海底の形状もCheckしましたが砂漠が続く・・・。時より地形の変化を見つけてはJigを落とすもBiteはあってもHookingしなかったんだよな~。

その後、別のジグ・Hookで試すと直ぐに魚が釣れる。ん~、どうやらHookの形状で差が出ている気がしました。

異なる形状、メーカーの釣り針

  1. 上州屋・タックルベリーでも売られている「喰わせワラサ12号」
  2. 上州屋で購入した「超青物KINRYU15号」
  3. 釣り針メーカーのHPから直接購入した最近のお気に入り針

 

上の針、(1)と(2)は店頭販売されているので気軽に帰るのが嬉しい。(1)で何度も魚を釣ってますが錆びやすいので僕は好まない針です。(2)は今回使用したのです。残念ながら数回BiteはあるもののHookingしなかった・・。以前、ホウボウやヒラメを釣っているので魚が掛かるのは分かるのですが、たまたまこの日は相性が悪かった印象ですね。

僕の最近のお気に入り、そして一軍入りしているのは(3)のHook。SMLの3サイズがあり、それぞれ40本ずつ入手しました。この針・・・、錆びない!2回釣りで使用して、魚をかけたとしても錆びない!そしてHookingですが・・・、スパスパ刺さる凄い針先をしてます。

使う釣り針から選ぶような自分になるなんて・・・ 😳

 

自作アシストフック用の針

あと、これも大量にあるんで、こっちはフッ素コーティングして付き合う事にします 😆

向こう数年分、10年ぐらい持ちそうな量・・・。

 

 

今回は色々釣れた!

ま~ジックリ釣りが出来た1日だったので、満足するほど魚も釣れました。持ち帰りしない魚は全部リリース。カサゴが動画だと小ぶりに見えるんですが、実物は結構太くてズッシリサイズ。マトウダイ、イトヨリダイ、カツオっぽいヤツをお持ち帰り。

ウッカリカサゴを釣る

クタクタになって帰りましたが、鱗落としや内臓を取り出すといった処理は直ぐに行いました。どれも家の近くにある魚屋さんでは見かけない魚なので、なんかワクワクするというか、勝手に一人で特別感を感じる~ 😆

自分で漕いで釣った魚ーーーー!嬉しい!

 

で、この日はイトヨリダイを炙ってカルパッチョに。

イトヨリダイはカルパッチョに

いつ食べても美味い。

 

 

マトウダイ、美味くてビックリ!

で、今回釣ってその見た目に驚いたマトウダイですが、焼いて食べる事にしました!

不思議な見た目のマトウダイ

パッと見、不思議な見た目ですよね~。

 

今回は皮の表面にシーズニングをして、あとは塩コショウ程度。

マトウダイを料理する

オリーブオイル、バターにGarlicを投入!んでもって、マトウダイ!

 

ん~、この写真じゃ何なのか?分からない見た目に。

マトウダイをムニエルに

 

パッカーンすると、中は白身でジューシーで身離れも良く食べやすい。

マトウダイの白身が美味しい

 

そして・・・、美味い!なんだこの美味しさは!!フライパンで最初に片面をカリっとさせて、Flip。その後6分Timerをして放置。仕上げに強火でカリっとさせてCooking終了。っと、簡単な料理なのに・・・美味い。身はプリっとしてシーズニングで使った塩とオレガノ系のハーブとの相性が良かったみたい。スパークリングワインにもえ~感じ。

恐らく骨からも美味しいダシが出そうな気がするんで、もし次回釣る機会があればパエリアか!?

 

釣った魚が美味いとまた釣りに行くモチベーションがUP!

 

カテゴリ: blog