コンテンツへスキップ

サーフスキーV5カヤックで釣り

 

 


 

カヤックのパドリング

なんとな~くこんな感じ!?ぐらいの事しか考えず、とくに気にしても無かったパドリング。でも!選ぶパドル、フォーム、スタイル等でカヤックのポテンシャルを引き出せる事に気が付いた!いや~、面白いっしょ。

そしてオーシャンレーシング元日本代表へお願いしてパーソナルトレーニングを受けられる事となりました!競技ではなく、もっとカヤックを楽しめるように『パドリングを学びたい』と思います!

 

動画紹介:As surfski 大西氏 / パドリングパーソナルトレーナー 😆

パドル選び

  • 形状: KFでよく使われる『フラット』、スポーツで使われる『ウィングパドル』か。僕はウィングを使い始めました。
  • 素材: グラスファイバー、カーボン、等がスポーツ向きかと。
  • 長さ: 人それぞれの好みがあると思うけど、立った状態で手を伸ばし地面から第一関節ぐらいの長さとコーチから学びました。
  • 価格: 2、3万ぐらい~5万前後ぐらいですかね。
  • 製造: メーカーは北米・オーストラリア・南アフリカ等、色々ありますね。試してみるのが良いかと。

レッスン1でコーチに指摘された事

  • 体の軸がブレる! → 本人的に真っ直ぐなつもりでも左右にゆらゆら~。これは直すの難しい?
  • 右・左のパドリングずれ → やっぱ利き手の右の方が左より良い状態なので左の修正
  • 『落とす』がまだ浅い → ブレードを水中に入れる話ですが、体の軸をブレずに行うのは結構難しいゾ
  • SurfskiではFKみたいな後ろまでのパドリングはしない → 早くコツ掴みたい!スパッと出来るとカッコえ~

 




- 漕いで釣り|カヤックフィッシング -

【安全の為に】 サイト運営者は毎月70kmのランニング、月2000回の腕立伏せ、パドリングも毎月50km以上行い海上でのアクティビティを楽しんでいます。
当サイトを見て波乗りやウネリ乗り、沖での釣りをされる方もご自身に合うトレーニングをつんでカヤックを楽しみましょう!

Cookieの利用に同意する方のみ当サイトを閲覧してくださいね | 免責事項・サイトポリシー
(c) Copyright コンテンツの無断利用はおやめください