ジグ選びが楽しい!

週末の釣りにどのジグを持って行こうか!?

週明けの月曜日からの僕の頭の中は次の週末の釣りの事ばかり・・・ 😆

ジグ選びが楽しい

 

  • 昨日はこのジグが活躍してくれたから、次回も使おうかな~
  • 次回は新規開拓の場所に行くから、軽めのジグが良いんかな~
  • ボロボロになったジグ、また綺麗にしよーかな~

などなど、ジグの事を考えるのはいつでも楽しい。

というか、僕の仕事のカバンにはいつもジグが何個か入っている!移動中の電車で取り出してアレコレ考えたり、ジグ見ながら釣れた時の頭のイメージを思い出したり・・・、もう”釣り〇〇”になりつつある 😳

 

僕が持っているジグランキング:

  1. 圧倒的にDeepliner系のジグ: 100g~180gがメイン
  2. Gan Craft Cosojig: 30g~200g、使うのは主に80g~150gかな
  3. 無名ジグ: 勝手に2軍とか3軍と呼んでますが、よく釣れる!

といった感じですかね。

 

↓ 上がCoso jig、下がTG Bait

コソジグとTGベイト

久しぶりにTG Baitを引っ張り出してきました!年に数回使うか程度で、僕は浅場でBottomが釣れない時に最後の最後でTG Bait様~状態で投げる感じです。浅場で釣りをあまりしないので、登場機会が少ないジグ。それとこのジグ=高額という印象があるので、『使いたくないジグ!』ってどっかで思ってるかもしれません!?

価格の話をするとDeeplinerも負けないほど良い金額するかと思いますが、僕は浅場のBottomでこのジグを使う事が無いので『Lostしないジグ』と位置づけてます。去年1回だけLostがありました。それは夏場で250gジグだったかな~?風もあるし潮がきいている時に投げたら、斜めって、PEからプチっと切られて・・・、沈んでいった 😥 恐らくサバフグ。。。

 

最近の悩み:浅場でSLJ用のジグ

写真撮影する為にタックルケースから集めた僕の軽いジグ達。よく釣りで使うのは下から2番目の60gのヒラヒラジグと、一番下の青いヤツ100gジグですかね~。その他はピンクのCoso Jigも使うかな。それ以外は持っているけど、登場してこない面々。

軽めのジグ合計7個

夏場になって浅場に魚が入ってきてる感じがします。先日も家前ではタチウオが浅場で釣れるという・・・。で冬・春は水深50m~80mぐらいを調査する事が多かったですが、最近は暑い!ので長距離の移動を控えたいという気持ちもあります。。。で、水深20~40mで釣りをするなら、40~80gのジグを選びたいところ。このウェイトレンジのジグチョイスが僕は少ないので悩ましいところです。もう少し充実させたい!

そ~いえば、ダイソージグを去年の夏はよく使いました。シイラとサバフグ対策の為といった感じです。18,28,40gだったと思いますが、これに60gや80gが追加投入されたら嬉しいな!!220円でも330円でも何個か買うと思う 🙄

 

とりあえずメンテナンス

無名のジグにホログラムシートを貼って、僕は彼らを1軍選手にしてます。そのままだと、使いたい!って気持ちにならず。ホロ化する事で愛着が出てきて、使おう!って気になります。プラス、もしLostしても金額的に痛くない・・・という安心感。

前に貼ったホログラムシートを剥がしとる

100gジグ、今年前半に真鯛を釣ってくれたジグ。結構ホロがボロボロになっていたので、はぎ取って再度綺麗なホロを貼ります。よくぞ無事で今日まで・・・。そして真鯛、ありがとう。。。の気持ち。

そもそものBodyの光具合で充分だろ!って感じですが、DIYで追加したくなるという・・。

ジグをDIYで光らせる

 

良い感じにギラつきました 😆

ホログラムシールを貼ってギラギラなジグ

このジグは大体水深60m前後で使うので、家前では出番が多いジグ。僕は50~70mで釣りをする事が多いんで。ここ最近は80~100m用の細めのジグも追加投入しています。秋にその位の深さをChallengeしようかと。

↓ 60gのヒラヒラジグもホロ貼り直し。10日ぐらい前にペイント、ホロ貼ったんですが、直ぐにタチウオ釣れたり何匹か他の魚も釣ったので再度貼り直しました。

無名ジグへホログラムシールを貼る

不思議な見た目ですが、謎に釣れるジグ 😳

 

 

最近のお気に入りは細めのジグ

自分が持ってなかった重さ100gで、細目のジグを充実させよう!と思い、10個ぐらいGetしときました。その他には150gも数個。これの60gとか80gも登場すれば買いたいな~。ま、重たいジグが多いブランドなので、100gがあるだけLuckyと思っとこ 😆

CXWL100g:Deeplinerコジャントジグ

 

 

このサイズ、重さの良い所は60m前後の水深でシャープに落ちてくれるのと、アクションつければヒラヒラも演出できる。それでいてジギングの時に『重たい!』という疲れを感じさせないのが気に入ってます。抵抗がもっと強かったり、重たくなってくると腕が疲れるので、僕には丁度良いサイズ・重さのジグで、最近のお気に入り。

 

足りてないな~と思うのは100g以下のジグなので、このセグメントを何とかしないと!

 

カテゴリ: blog